債務(借金)整理を依頼したいのですが、弁護士費用を支払う余裕がありません…。

弁護士費用は分割でお支払いいただくことも可能ですし、収入によっては「法テラス」という国の機関を利用して、弁護士費用の立替援助を受けることもできます。
借金のご相談は無料ですので、その後の費用の心配はせずに、まずはご相談ください。

ヤミ金の処理も受けてくれますか?

受任は可能ですが、二度と借りないことなどは、約束していただくことになります。

借金の整理にはどのような方法がありますか?

借金の整理には(1)返す方法(2)返さない方法の二通りがあり、
(1)には業者との交渉により分割弁済を約束する「任意整理」と、裁判所を利用して借金額を圧縮して分割弁済する「民事再生」手続きがあります。
(2)は「破産」という方法で、返済義務が無くなります。

破産手続きはどのように進むのか、教えてください。

個人の場合、借金の状況や財産状況などを調査した後、裁判所に「破産申立」をし、裁判所が審理をします。裁判所がこれ以上借金を返さなくてもよいと判断した場合、「免責決定」がなされます。これにより返済義務はなくなります。

破産をすると、貸金業者が私や家族、職場に取立てや嫌がらせをしたりしませんか?

弁護士が債務整理に介入した後は、貸金業者による直接の取立て行為は禁止されています。また第三者への取立ても禁止されていますので、ご安心ください。

任意整理手続きはどのように進むのか、教えてください。

業者からの借入金額を利息制限法という法律に従って計算し直し、本当に返さなければいけない金額を確定し、その金額について資力に応じた分割弁済を業者に提案します。業者と合意すれば、その合意内容に基づいて返済をしていくことになります。

個人再生手続きはどのように進むのか、教えてください。

業者からの借入金額を法律に従って大幅に圧縮し、その金額の返済をすれば残債務は免除されるという手続きです。裁判所に申立をし、手続きをします。住宅ローンが残っている自宅をなんとか残したいという場合にも、利用を検討することがあります。

「過払い金」って何ですか?

一見借金が残っているように見えても、実は既に払い過ぎで、払い過ぎたお金を返してもらえることがあります。この返してもらえるお金のことを「過払い金」と言います。利息制限法で許されている以上の金利で貸し付けている業者から長期間借金をしている場合は、このように過払い金が発生することがあります。

身内の借金を親族が払う必要がありますか?

保証人になっていないのであれば、払う義務はありません。返済義務のない人に対する返済要求は、違法です。

親族が借金を残して死亡したのですが、どうすればいいですか?

家庭裁判所に(1)相続放棄(2)限定承認をすることで、借金を引き継がないことができます。これらには相続開始を知ってから3ヶ月という期間制限がありますので、急いで弁護士または家庭裁判所に相談・お問い合わせ下さい。

 
 
 
アクセス・お問い合わせ 採用情報 リンク プライバシーポリシー